迎え角30deg.跡地

もうここにはいない

--/--/-- --:--

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/06/13 01:01

水だけからエネルギー!? 

面白い話題があったのでちょっと吊るしときます。

「ジェネパックス」という会社が水を供給するだけで発電ができる「Water Energy System (WES)」なるシステムを発明したといいます。

曰く、
・ウォーターエネルギーシステムは、水から電流を取り出すことを可能にした新しい発電システム
・化石燃料・化石燃料以外のエネルギーを必要としない独立電源
・CO2排出量ゼロ。持続可能な社会の実現。
・改質器、高圧タンクの必要なし!水を直接入れるだけ!
・このシステムで動く電気自動車を開発すれば、エネルギー問題解決\(^o^)/

(GIGAZINEから転載)
tsuri_aa.png
これは突っ込むべきなのかどうなのか。

水分子から触媒だけで水素と酸素が生じてたら世の中既にすんごいことになってると思うのですが。
もしも、水分子が自発的に水素分子と酸素分子に分解するような化学反応を、エネルギーを加えることなく起こせたら、熱力学第1法則・第2法則を打ち壊す世紀の大発明です。こんなしょぼい記者会見じゃなくて、世界的に発表すべきことですよ(笑)

質疑応答で明らかな墓穴堀まくってます。
Q:水の蒸発した分だけを補給してやればいいと言うことか?
A:そうです。これに関しては水のリサイクルもしており、垂れ流すわけではなく、フィルタを通してもう一度使っている。

Q:蒸発していると言うことは温度が上昇しているということだと思うのだが、本体自体はどれぐらい発熱するのですか?
A:排熱はあります。80度までは上がることはあります。それ以上は上がりません。排熱ロスが全くないかというとそんなことはないので、もったいないといえばもったいない。もし家であればその部分で湯沸かしなどができます。

Q:地球上から水が無くならない限り永久に電気を生み出す可能性のある技術ということですか?
A:そういうことだと、思います、はい。
排熱・・・?永久・・・?

「化学反応」と書けばどんなことでも起こせると思わせるつもりでしょうか。
とんでもない「ニセ科学」がまたこの世に増えてしまったということでいいのでしょう。

記者会見では実演などしていたようですが、どのようなカラクリになっていたのかとても気になります。

参照記事:
水から電流を取り出すことを可能にした新しい発電システム「ウォーターエネルギーシステム」を見に行ってきました --GIGAZINE
真偽判断に役立つ「ウォーターエネルギーシステム」に対する各報道陣からの質疑応答いろいろ、そして現時点での結論 --GIGAZINE

コメント

コメントの投稿


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aoa30.blog17.fc2.com/tb.php/547-1391949d
この記事へのトラックバック

Author

Categories

Twitter

Calender

09 | 2017-10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Tags at random

Archives

Admin

Opera

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。