迎え角30deg.跡地

もうここにはいない

--/--/-- --:--

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/06/04 21:42

人類は衰退しました3 

下書き記事がたまってきてるんだけど、なかなか公開するところまで至ってないです。
勢いでステッカー作ったんだけど公開できるか微妙。個人的に声をかけてくれればお見せできますが。

溜まってる本の感想とか。
と、昨晩記事を書いていたのですが家庭内の無線LANの不調により接続できず、ちょっとした操作ミスにより記事が消えてしまって激苗です。

人類は衰退しました 3 (ガガガ文庫 た 1-3)人類は衰退しました 3 (ガガガ文庫 た 1-3)
(2008/04/19)
田中 ロミオ

商品詳細を見る

人類が衰退しつつある時代に繁栄してきたちょっと頭がハッピーな妖精さんと、人類と妖精さんの間を取り持つ調停官の「私」の物語3作目。今作では前作で登場した助手さんもばっちり登場します。
私の住むクスノキの里に、人類のすべてを記録するためのプロジェクト「ヒト・モニュメント計画」のために遺跡調査チームがやってきます。その計画のためにクスノキの里は特別に、発電衛星からの給電を受けられるようになり、余剰電力で”夏の電気まつり”が開かれる運びとなりました。
ところが、いつも元気にしていた妖精さんたちが鬱状態に。調停官としては見過ごせない事態ですが、遺跡調査の手伝いをさせられてるうちに助手さんとともに都市遺跡の迷宮の中に迷い込んでしまいます。
ダンジョンあり、アクション(?)あり、ちょっとシリアスありで以外と深いかも?です。「お里帰り」がテーマの物語。

ななつのこ (創元推理文庫)ななつのこ (創元推理文庫)
(1999/08)
加納 朋子

商品詳細を見る

表紙に惹かれて買った「ななつのこ」という物語に惚れ込んだ駒子は作者にファンレターを書こうと思い立つ。ファンレターの中で最近街で起こった「スイカジュース事件」を取り上げたところ、驚いたことに返事が届いた。しかもその返信は「スイカジュース事件」の真相をくっきりと浮かび上がらせるものだった。こうして始まった手紙のやり取りが駒子の日常を彩っていく。
小さな事件とその解決の積み重ねが物語り全体に広がる大きなストーリーを作り上げています。謎解きとは言っても、所謂「出題部」にすべての条件が与えられているわけではなく、返事の中で明かされる事実もあるのでミステリとしては反則なのですが、ミステリとは捉えず、人々の温かさでほんわかしたり、登場人物の陰に隠れた意外なものに驚いたりしながら心地よく読めました。

最近、ノートパソコンで文章を打つことが多く、ちょっと狭いノートパソコンのキーボードで無理して売ってるためかちょっと腱鞘炎気味かも。手がだるい。
もう一台HHKB買うか。

コメント

コメントの投稿


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aoa30.blog17.fc2.com/tb.php/529-ef88784a
この記事へのトラックバック

Author

Categories

Twitter

Calender

04 | 2017-05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Tags at random

Archives

Admin

Opera

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。