迎え角30deg.跡地

もうここにはいない

--/--/-- --:--

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/04/29 10:09

1週ぶり--独り言と本レビュー 

更新間隔が1週間以上開いてしまった。まだ生きてます。

先週から今週にかけてサークル関係でゴタゴタあり(いやまだ続行中だが)、いろいろ気疲れしたりメッセ会談を深夜までしたりと疲労が溜まり続ける日々でした。疲労性の耳鳴りがして逃げ帰るような日も。引退してまで何でこんなことになってるんだろうね。一応、ある程度の落しどころにはたどり着いたけど、という状態。
そんなこんなで1週間が川の流れのよ~に~♪過ぎ去ってしまった。

金曜日は髪を切りに行くために早々に帰宅。夕飯を19時というなれない時間(オイ)に食べ、あまりに暇だったのでブックオフに行くことに。メインの目的は溢れかえってる本棚をすっきりさせるために、もう読まない or 微妙だった本を売りに行くこと。サブの目的はGW前の空いてて商品もあるうちに本をいくらか調達すること。
文庫本が50円で売れましたが、いくつかはブックオフで300円で買ったものや100円で買ったものも混じっています。値段シールを剥がした後の糊の跡は、自転車のブレーキクリーナーできれいに落ちるのでお試しあれ。

blogは更新しなくても学校に行っている間に本はどんどん読んでるので、ここに書き残しておきたい本がどんどん増えます。増えると、感想とか書くのが遅れて、更に記事の投稿が遅れるという悪循環。

チルドレン (講談社文庫 (い111-1))チルドレン (講談社文庫 (い111-1))
(2007/05/15)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る

「俺たちは奇跡を起こすんだ」 独自の価値観と正義感を持ち、周りの人を自分のペースに引き込む陣内君のお話。日常に起こるちょっとした出来事と、実はその中心にいる陣内君を周りの人たちから描いています。
陣内は反発心が強くひねくれた言動をしつつもまっすぐな男。
5連作の仲で一つ一つは個々人の話なのに、作品全体でみると真の主人公が陣内だということに気づく作り方が面白いです。

とらドラ 7 (7) (電撃文庫 た 20-10)とらドラ 7 (7) (電撃文庫 た 20-10)
(2008/04/10)
竹宮 ゆゆこ

商品詳細を見る

超弩級学園ラブコメ、とらドラの7巻目。
知らぬは自分ばかりなり、とはよく言ったもので。今まで一進一退を続けていた物語が大きく動き始めました。
今回は大河の謹慎期間も解けてクリスマスの時期が舞台です。「サンタが見ているから」と大河のいつもの凶暴さはなりを潜め、亜美にすら穏やかに(?)接する「いい子大河」モードが発動する。北村が率いて学校でクリスマスパーティをする計画を進め、亜美や大河、竜児もそれに協力して盛り上げていく。竜児は実乃梨を呼び出して一緒にパーティを楽しみたいと思っていたのだが、実乃梨はソフトボール部での失態で深く落ち込んでいた。
吹っ切れてしまった北村、親友のことを想う実乃梨、ホントの気持ちに気づいた大河、立ち止まっているのは竜児だけ?という状況で次巻に続きます。楽しみです。
クリスマスパーティの色鮮やかな表現に、いつもの小ネタ満載。ゆゆこ先生は天才でしょう。

あと4冊。

コメント

コメントの投稿


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aoa30.blog17.fc2.com/tb.php/518-7476fd86
この記事へのトラックバック

Author

Categories

Twitter

Calender

09 | 2017-10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Tags at random

Archives

Admin

Opera

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。