迎え角30deg.跡地

もうここにはいない

--/--/-- --:--

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/03/06 03:25

花粉症でズルズルの日 

昼間暖かくて、ポカポカ春仕様のジャケットで出かけていったら帰りが寒すぎて死ねるという日が数日続いて、冬仕様に逆戻り。
花粉ばっかりじゃんじゃん飛びおって、春っぽい雰囲気醸し出さないで欲しい。
今朝、美容院に行ったところ比較的静かだった花粉症鼻が爆発。髪の切りカスかパーマ液などの薬品のガスに反応したようでくしゃみと鼻水が止まらない。目も痒い。本日のポケットティッシュ消費量5パック。

また、読んだ本が溜まってきてレビューが大変なことになってる。現状で7冊ぐらいあるけど小出しにしていこう。

死神の精度 (文春文庫 (い70-1))死神の精度 (文春文庫 (い70-1))
(2008/02/08)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る

クールでちょっとずれてる死神が主人公の物語。死神の「仕事」は、対象となる人間の近くで1週間調査を行い、人の死の可否の判断をすること。人間の生死にあまり関心がない死神たちは淡々とその仕事をこなしていく。人間界で彼らが興味を示すのはミュージックだけで、レコード屋の試聴がお気に入り。
死神・千葉の仕事6回分の物語です。死神という存在が異様なはずなのに、人間界の様子がリアルに描かれているためあまり違和感がないような感じ、「死神ってその辺にいてもおかしくないよね?」と感じてしまいます。死神が人間の言葉を中途半端にしか知らないため、ちょっとずれた勘違いをしているところがなんとも愛嬌があります。
6編読みきると、それぞれの話に伏線が張られていることに気づくようになっているのが楽しい。また、他の伊坂作品同様、他作品とのリンクもあります。あの話のあそこであんなことしてたあいつが、あの物語の彼だと、解説を読んでやっと気づいたのがちょっと悔しい。


暗号解読 上巻 (1) (新潮文庫 シ 37-2)暗号解読 上巻 (1) (新潮文庫 シ 37-2)
(2007/06)
サイモン・シン

商品詳細を見る

暗号解読 下巻 (新潮文庫 シ 37-3)暗号解読 下巻 (新潮文庫 シ 37-3)
(2007/06)
サイモン・シン

商品詳細を見る


暗号の歴史や仕組みを紐解く。暗号は古代ギリシャの時代から秘密を守るために使われてきている。文字を入れ替えたり、特別に作った表を使ったり、と様々な方法で暗号が作られれば、そこから重大な情報を引き出そうと暗号を解こうとする人たちが現れる。その知恵比べは歴史の中の要所において、大きな影響を与えている。暗殺計画の密書を解読されて処刑された女王、世界大戦中に大きく発展した暗号機と解読技術などなど。
この本では、暗号の発展や解読技術の発見・解説、暗号が歴史で影響を与えた事件などが、時代の流れに沿って丁寧に解説されています。下巻では暗号解読と似ているとして古代文字の解読や、現在ネットワークで広く使われている暗号技術、将来実現するであろう量子コンピュータによる暗号解読と量子暗号まで解説されています。暗号解読技術の説明がとても詳しく丁寧なのが面白いです。簡単な暗号では解読の練習問題も付いています。
軍事、政治、ネットワークなど暗号は欠かせない存在ですが、実際どのように使われているか知る機会はほとんどないと思います。暗号に関する技術はそれが現役に使われているときは全く秘密にされてしまうのが当然。その後も、公表されることはあまりなく時間の流れに埋もれていくばかりです。そのような暗号技術にスポットを当てている点が知的好奇心をそそります。いろいろな学問やアイディアを用いながらの暗号解読、よく知られた歴史上の事件に暗号技術が影響を与えていることなど面白い話が目白押しでした。特に第2次大戦の頃にドイツで発明されたかの有名な暗号機エニグマとその解読、下巻最後に紹介された、量子力学的に絶対に解読が不可能な量子暗号の話題が最も面白かったです。
本の見た目は威圧感がありますが、とても読みやすかったです。オススメ。

コメント

コメントの投稿


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aoa30.blog17.fc2.com/tb.php/492-6307336a
この記事へのトラックバック

Author

Categories

Twitter

Calender

10 | 2017-11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Tags at random

Archives

Admin

Opera

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。