迎え角30deg.跡地

もうここにはいない

--/--/-- --:--

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/02/19 03:06

イヤホン購入 


audio-technica ATH-CK52

愛用していたカナル型イヤホンATH-CK5がプラグ付近で再び断線。前回は修理してなんとか使ってたのですが、同じところから断線した上、コードが裂けたりといろいろダメになっていたので新しい物を買うことにしました。

店に行っていろいろ悩んだのですが、結局のところCK5の後継、CK52を購入。色はブラック。新色のブラウンも惹かれたのですが金色のラインが仏壇っぽかったのでやめ。
ロゴマークがそれまでのキラキラした物から落ち着いた仕上げになっていてデザインはよくなっています。特徴的なループサポート(飛び出しているわっか)は若干角度がついて耳に合いやすくなりました。これのおかげで耳から外れにくくなっています。イヤーピースの形状も新しくなっています。

使用開始直後(エージング前)の音質の印象は、とにかく硬い。低音は弱く高音がキラキラする感じ。キラキラしすぎて耳に突き刺さるように感じます。特にサ行音が砕け散ってました。
数日使ってちょっと落ち着いてきたようで、高音域のとげが少々丸まってきました。とは言えPX200が水ならCK52は氷の結晶のような音。ときどき音が裂けるような時があるのですが、もうちょっとエージングを重ねたら収まるでしょうか。

CK5で使っていたイヤーピースと変えたところ高音の刺激が弱まりました。バランス的にはこちらの方が良いように感じます。耳にはめた感触もこちらの方が好みです。


引退した満身創痍のATH-CK5。汚ねぇ・・・。
プラグが断線して修理した跡があったり、コードの中身が見えたり、あと汚れがひどい。白いものは汚れが辛いですな。


休日のアキバヨドバシで買ったのですが、高級イヤホンコーナーで客の男性が仲間2人に「これは低音が強いんだけど、改造次第で高音質」とか「こちらよりこっちのほうがいい音作りだね」とか演説してました。
個人的には、イヤホンやヘッドフォンの音なんて個人の好みの問題だと思うので結局のところ自分の物差しで評価するもので、型にはまったように「これが高音質でいい!」と押し付けるような表現はナンセンスかと思ってます。

コメント

  1. | | #
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    (2008/02/22 14:04 :: 編集)
  2. | | #
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    (2008/11/26 13:34 :: 編集)

コメントの投稿


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aoa30.blog17.fc2.com/tb.php/491-6eb83b98
この記事へのトラックバック

Author

Categories

Twitter

Calender

04 | 2017-05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Tags at random

Archives

Admin

Opera

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。