迎え角30deg.跡地

もうここにはいない

--/--/-- --:--

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/01/03 23:33

冬休みツーリング--2日目 

12/29
ちょうど6時に目が覚める。ムーンライト松山はまもなく伊予西条に到着というところ。真っ暗な車窓から外を見てると、どうやら雨は降っていないらしい。
ここで2度寝すると今治を寝過ごす恐れがあるので朝ごはんを食べることにする。
昨晩京都駅のコンビニで買ったおにぎり2つとキットカット1切れというとても食べ合わせの良くない朝食をお茶で流し込む。炭水化物と糖分の補給にはなってるでしょう、たぶん。


6時40分、ムーンライト松山が今治駅に到着。
牽引していた機関車は昨晩のEF65からDE10に変わっていた。ゴールデンウィークのときに乗ったい"しおかぜ"もディーゼルだったけど、予讃線には非電化区間があるようで。
同じ車両の荷物置き場にもう一つ輪行袋があったけど、自転車を抱えて列車を降りたのは自分ひとりでした。今度は同じ列車に乗って松山観光とかに出かけてみたいものです。

改札を抜けて外に出てみると雲は切れ目があって朝焼けの空が覗いています。雨が降るような不穏な気配も(いまのところ)無し!今日は走れる!
実のところ、悪天候に備えてしまなみ海道を走り抜けるバスのダイヤまで調べてきてましたが、なんとか使わずに済みそうです。


駅前で自転車を組み立てていざ出発!
自転車も快調、体調も良し。クルクル脚が回ります。

サイクリングロードが始まり、最初の来島海峡大橋に向かってゆっくりと登り始めたところで、糸山サイクリングターミナル(サンライズ糸山)に立ち寄って500円のサイクリングチケットを購入。営業時間は8時からとかいてあったのですが、ダメもとで建物に入ってみたら笑顔で売ってくれました。
このチケットがないと橋の通行料(50~200円)を毎回毎回小銭で払わなくてはならなくて面倒くさいのです。

前回しまなみ海道を走ったときは本州側からでしたが、今回は四国側から。渡った橋の写真も今回は全部四国側から見たもので揃えてみました。

四国と大島の間にかかる来島海峡大橋。
この橋の中央付近がしまなみサイクリングロードの最高地点です。橋の上から下を行きかう船を眺めると小さく見えます。ふわふわした雲の間から太陽も出てきてテンションアップ。


大島を走行中。大島の中は何ヶ所か(比較的)大きなアップダウンがあります。前回本州側から渡ったときは、最後の最後に大島の登りと来島海峡大橋のダブルコンボでだいぶ苦しかったですが、四国から走り始めると体力のあるうちにこれらをクリアできるのでだいぶ楽です。


伯方・大島大橋に差し掛かったところで雲行きが怪しくなり、雨がポツリポツリ・・・。
橋を渡ってすぐの"道の駅マリンオアシスはかた"で雨宿りします。
ここで、伯方の塩ラーメンを食べたかったのですが、スタート時間が早かったのでまだ開店前です。食べられず、残念。

ここでサンライズ糸山でもらったサイクリングロードの地図を早々に無くしていることに気づく。まぁいいか。


アーチが特徴的な大三島橋。雨は止んだけど、橋の上は風が強い。写真中央の吹流しは真横向いています。


多々羅大橋の手前、"道の駅多々羅しまなみ公園"で休憩。
というのも朝食が少なかったからかハンガーノック気味になってきてました。お土産屋さんは開いたけどレストランはまだだったので、自販機のカップラーメンを買い食べる。体が温まります。
お土産やで瀬戸内のみかんで作ったグミと飴を3つほど購入。酸味が気持ちいい。

多々羅大橋ではちゃんと鳴き龍をやりましょう(笑)

生口島に入るとみかん畑だらけ。温州みかんやデコポン、レモンなどいろいろな柑橘類が育てられています。


生口島瀬戸田港近くのしおまち商店街にある岡哲商店。ビーフコロッケ1個80円が有名です。いろんなところからTV取材が来たことがあるらしい。店頭にたくさん貼ってある黄色い札は全て「どこどこテレビで紹介!」とか「お笑い芸人の誰々が来ました!」とかです。
もちろん購入。サクサクふかふかでおいしい。


ポルノグラフィティはこの島の出身のようです。
関係ないですが、右上に写ってる高圧線の鉄塔の注意書き「タコ上げ禁止」(たぶん)が「タコ上」になってしまってるのがちょっと面白い。

この辺でまだ10時半。朝は早く活動し始めると午前中が長いです。普段、そんなに早くから活動しないもので・・・。どうやら昼までに尾道につけそうです。
海沿いの路地から造船所や海岸を眺めながらのんびり走ります。

因島と生口島にかかる生口大橋。ここを渡ると広島県です。


因島フラワーセンターを越えたあたりの下り。青空が出てます。奥に見えるのはしまなみ海道最後の向島。


因島と向島にかかる因島大橋(の中)です。因島側からよく写真撮れる所がないなぁ、と走ってたらあれよあれよという間に上ってきてしまいました。というわけで、特徴的な橋の中の通路をパシャリ。
向島の中は普通の街乗り気分で走行し、30分弱で渡船乗り場まで到着してしまいました。

12時10分、尾道への渡船に到着です!
ん、自転車のフレームになんか尾道っぽいステッカーが見えるけど気にしない。

ちょうど昼ごはん時、ここに来たらやっぱりこれ食べなきゃと、

尾道ラーメン。豚の角煮が乗ってます。美味かった。

食後はちょっと街中を走った後、ホテルに向かいチェックインしました。荷物と自転車を部屋に放り込んで町内散策に出発!

坂と階段と路地の町。風情があってよいのです。
この「神様で中学生!」な散策の様子は別の記事でまとめる予定。

ねこがたくさんいました。癒される。目つき悪いけど。

日が暮れるまでうろうろし、駅前の本屋で暇潰しをし夕飯を食べてホテルに戻りました。
ぼけっとTVで天気予報を見てると、なんと明日は今季初の大寒波が吹き込んでくるらしい。日本海側は軒並み雪で、瀬戸内側も時々雪で最低気温も2~3度らしい。
明日はどう走ろうかなぁ、雪はできれば避けたいよなぁと地図と時刻表(帰りの夜行には間に合うようにしなければ)を調べる。が、面倒になって寝る。

明日のことは明日考えればイイや。Zzzz...

コメント

  1. おやぢちゃりだー | URL | #-
    何気にしまなみ海道サイクリングで検索したら12月29日12時10分尾道に着いたとの事、私も同日ソロで12時頃駅前渡船で向島に向かってたので何か笑っちまっただ。 因島フラワーセンターの下りの写真、こっちは登りでしんどかったのを思い出したさぁ。あの蜜柑屋とか(笑)
    (2008/01/09 21:54 :: 編集)
  2. いけち | URL | #-
    コメントありがとうございます。返信遅くなってごめんなさい。

    29日の正午ごろに渡船で向島とは、本当にすれ違いだったんですね。あの日はそこまで寒くなくて比較的走りやすかったですね。
    (2008/01/13 01:20 :: 編集)

コメントの投稿


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aoa30.blog17.fc2.com/tb.php/475-75f3b44b
この記事へのトラックバック

Author

Categories

Twitter

Calender

07 | 2017-08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Tags at random

Archives

Admin

Opera

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。