迎え角30deg.跡地

もうここにはいない

--/--/-- --:--

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/12/25 23:16

最近読んだ本 

ブログ更新のペースが崩れるとダメですねぇ。更新がまばらになりっぱなしです。
22,23はバイト帰りでバタンキューだったし、昨日は何やってるのかよくわからないうちに寝てたorz
この記事も一番初めに既読本のメモを始めてから10日ぐらい経ってる(笑)

三月は深き紅の淵を (講談社文庫)三月は深き紅の淵を (講談社文庫)
(2001/07)
恩田 陸

商品詳細を見る

存在がほのめかされつつも読むことのできない幻の本「三月は深き紅の淵を」をめぐる物語。
一部の人にのみ配布され、たった一人に一晩だけ貸すことができるという不思議なルールがあり、最終的にはほとんどが回収されてしまった謎の本。その本に関わる人々を4つの面から描いています。「麦の海に沈む果実」とリンクしています。

コールドゲーム (新潮文庫)コールドゲーム (新潮文庫)
(2005/10)
荻原 浩

商品詳細を見る

中学時代にクラス全体でのいじめを受けていた廣吉が復讐をしているらしい。過去に受けたいじめに即した復讐をクラスメイト一人一人に着々とこなしている。次の犠牲者は誰か。次は何が起こるのか。ちょっと青臭いサスペンスミステリです。
光也と亮太を中心に廣吉の暴走を止めようと東奔西走する。廣吉の尻尾を掴んで追い詰めたと思っていると…。何が狂い始めだったのか。

動物園の鳥 (創元推理文庫)動物園の鳥 (創元推理文庫)
(2006/10/11)
坂木 司

商品詳細を見る

引きこもり探偵-鳥井と鳥井をサポートする坂木の日常系ミステリ3冊目。
動物園で野良猫の虐待事件が頻発しているという話を持ちかけられた鳥井と坂木は、動物園まで出かけて様子をうかがう。そこで坂木は以前、鳥井をいじめていた人間と出会ってしまいショックを受ける。動物園で鳥井が気付いた事件の真相と鳥井の過去はつながってしまうのか。また、鳥井の鋭い目が気づいた動物園で働く人たちの感情の揺れとは。
このシリーズも最終巻となり、鳥井が引きこもりを完全克服して大団円!とまではさすがに行きませんが、鳥井を囲む仲間たちはそれぞれ新たな一歩を踏み出しています。ラストの坂木が鳥井から「卒業」するシーンは読んでるこちらまで胸が苦しくなってきます。いろいろ書きたいけど書けない。たぶん人生経験が足りないんだ(笑)
日常系ミステリとしておきながら、物語の柱となるのは人の心と人と人のつながり。心が温かくなるおもしろいミステリシリーズでした。

ひぐらしのなく頃に 語咄し編 2 -スクウェア・エニックス小説大賞アンソロジーひぐらしのなく頃に 語咄し編 2 -スクウェア・エニックス小説大賞アンソロジー
(2007/11/22)
スクウェア・エニックス

商品詳細を見る

ひぐらしファンからの公募から紡ぎだされたアンソロジー。応募の中から選ばれた11編が収録されています。
読んでみてあまりのクオリティの高さに腰を抜かしました。どの作品もひぐらしという縛りとフィールドを生かしきって新しい世界を作り上げています。全く新たなストーリーのものもあれば、原作の物語とリンクしてサイドストーリーを作り上げているもの、完全なギャグを目指したものまであります。原作をプレイした人なら絶対お勧め。若干の原作のネタばれが含まれるので「礼」までプレイ推奨。
気に入った物語は、日常を描いたものでは梨花と沙都子の大喧嘩の「りかさとうぉーず」、シリアスなものとしての「胡蝶ノ夢 -Endless Nightmare-」の2編。特に「胡蝶ノ夢」は、救いようの無さ、背筋を這い上がってくる恐怖感など原作にも勝るとも劣らない迫力です。これらの物語を頭において原作をもう一度読み直したら新たな空気を味わえそうです。

タビと道づれ(2) (BLADE COMICS)タビと道づれ(2) (BLADE COMICS)
(2007/10/10)
たな かのか

商品詳細を見る

大事な人である「航ちゃん」に会おうと電車に乗り、タビが降り立った町「緒道」は不思議な世界にとらわれていた。通ることのできない「路」、永遠と1日を繰り返す町。同じ時間を繰り返し続ける人々の中で記憶を残して過ごすことのできるセキモリとその掌のテガタ。引っ込み思案で人見知りのタビが人と人、特に「手」の繋がりと向き合っていきます。
世界観が好き。人間味ある登場人物が好き。物語の先が気になります。早く読みたいなぁ。
帯に書いてあるキャッチコピーは「青春迷走リリカルファンタジードラマ」。なんだそりゃ(笑)

ひぐらしのなく頃に解 目明し編 3 (ガンガンWINGコミックス)ひぐらしのなく頃に解 目明し編 3 (ガンガンWINGコミックス)
(2007/12/22)
竜騎士07

商品詳細を見る

ひぐらしのなく頃に解 罪滅し編 3 (ガンガンコミックス)ひぐらしのなく頃に解 罪滅し編 3 (ガンガンコミックス)
(2007/12/22)
竜騎士07

商品詳細を見る

目明し編・罪滅し編の第3巻。なんと4巻組みでした!なんとまだ終わりません(笑)表紙絵を見て3巻で終わりだと思ったのに、4巻はどうなるのやら。
第3巻はどちらの物語も事件の大きな転機となる登場人物の内面が丁寧に描き進められています。目明し編の詩音の狂気、罪滅し編のレナの決意など登場人物の独白に絵が付くことで迫力が出ています。罪滅し編で鬼隠し編の謎が次々と明らかになっていくシーンは鳥肌が立ちます。
また絵が付くことで原作の怖さが更に数段パワーアップしています。今回は通称「オヤシロサマモード」の登場人物の怖さに加え、梨花(正確にはFrederica Bernkastel?)の登場シーンが恐ろしすぎます(笑)

コメント

コメントの投稿


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aoa30.blog17.fc2.com/tb.php/461-d707f7c7
この記事へのトラックバック

Author

Categories

Twitter

Calender

05 | 2017-06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Tags at random

Archives

Admin

Opera

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。