迎え角30deg.跡地

もうここにはいない

--/--/-- --:--

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/09/09 01:39

積読本消化中 

今日は昨日病院に行ってできなかった用事を済ませに大学へ。そのあと作業場でまぁいろいろ。今年のチームは秩序があっていいですね。

電車の行き帰りで読書。ペラかったので1日で読破。
氷菓 (角川スニーカー文庫) 氷菓
米澤 穂信 (2001/10)
角川書店

この商品の詳細を見る

「省エネ」をモットーとする高校生の主人公が、何の由縁か入部してしまった古典部のメンバーと日常のちょっとした謎を解いていく青春ミステリ。「いちごタルト事件」と「トロピカルパフェ事件」の作者のデビュー作です。
大きな事件は起こりません。ホントにちょっとしたことに、好奇心旺盛な女の子、千反田さんの「わたし、気になります」の一言で謎解きに転がっていきます。ただトリックはちょっと安易な感じがしました。「やっぱりそんな感じか」と思ってしまうぐらい。「?」と思ってしまう設定があったり、主人公の思考に飛躍があったりというように感じましたが、個人的には許容範囲。ラストに明かされるこの本のタイトルに関してはちょっとうなりました。
青春ものとしても、「省エネ」と称して積極的な活動をしていなかった主人公が少しずつ成長していき、ラストの手紙でよくまとめていると思います。ミステリとしては物足りない感じもしましたが、物語として楽しめました。

コメント

コメントの投稿


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aoa30.blog17.fc2.com/tb.php/408-59224b3c
この記事へのトラックバック

Author

Categories

Twitter

Calender

06 | 2017-07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Tags at random

Archives

Admin

Opera

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。