迎え角30deg.跡地

もうここにはいない

--/--/-- --:--

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/09/08 08:30

歩きにくいので読書とか 

先日の小指続編。まだ赤黒いです。
親の知り合いで、同じように小指を打ちつけて骨折した人がいたらしいので、一応整形外科に行ってレントゲンを撮ってきました。

結果。
医者「よくわからない」

工工エエエ(´д`)エエエ工工

折れ曲がってるわけでもなく、ひびも見えないので写真だけ見た感じは何もないのですが、写真に写らいない向き(地面と平行)に折れてるかも、とのこと。ギブスつけても治る速さは変わらないとのことで、医者曰く「放っておけば治る」。いやぁ、ま、そうですけど。
自転車は大丈夫か聞いてみたところ、痛そうなら無理しないで、とのこと。まぁなんとかなるのかな。
腫れは年内ぐらいは残るって。うげー。観察日記でもつけるか(笑)

ちょっと歩くのが不自由です。

狼と香辛料〈3〉 (電撃文庫) 狼と香辛料〈3〉 (電撃文庫)
支倉 凍砂 (2006/10)
メディアワークス

この商品の詳細を見る

小麦の豊作を司る狼の化身ホロと行商人ロレンスの物語3作目。
前作で破産の危機を免れたロレンスはホロの故郷があると言われる方角、北に進路をとる。目指した町は異教徒の街として教会に縛られない祭りや取引が行われていた。ふとしたことで出会ったロレンスと同じ組合の若商人がホロに一目惚れ。ある取引をしてホロと結婚したいと言い出すし、いろいろ面倒を引き起こしてくれます(笑)
ロレンスがホロの故郷について調べたことからのすれ違い、市場での取引の緊張感などなど、思わずロレンスのように胃が痛くなったり頭を悩ませたりしてしまいます。あっという間に読み切ってしまいました。永遠と旅が続いてくれればいいのにと思ってしまいます。

狼と香辛料はあと2冊積んであったりします。らきすたの5巻はどこでもどっさり積んであるのに、発売日が同じ「スケッチブック」がどこにも見当たらないのがとても不満です。

コメント

  1. おの | URL | #-
    僕も7月にマウンテンバイクでコケて打った左肘を強く押すとちょっと痛む。
    もしやひび?!

    小指ならキツイシューズをはかなきゃ大丈夫じゃない?
    (2007/09/10 00:05 :: 編集)
  2. いけち | URL | #-
    7月にひびだったらさすがにもう治まってるんじゃないかな。
    もうちょい落ち着いたらシューズ履いてみます。まだ爪が当たるとちょっと痛いな。
    (2007/09/11 02:23 :: 編集)

コメントの投稿


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aoa30.blog17.fc2.com/tb.php/407-11fe1a64
この記事へのトラックバック

Author

Categories

Twitter

Calender

06 | 2017-07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Tags at random

Archives

Admin

Opera

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。