迎え角30deg.跡地

もうここにはいない

--/--/-- --:--

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/08/13 00:03

活字のラッパ飲み 


積読本の山(左)と手乗りタイガー1~5巻。

いろいろ煮詰まって、もう嫌んなって読書に逃げ込んだ日曜日。
「とらドラ!」の1~4巻全部読み直して、おととい買って積んでた「とらドラ!5」まで読み切った。
積読本から1冊減ったけど、今日2冊追加されたので11冊。何故かいたるとこの本屋から消えていた「点と線(松本清張)」をゲット。収納に収まらずに部屋の隅に積んである本が絶えない。この戦いが終わったら本棚を買うんだ・・・ってこれは死亡フラグか!?
積読本が増えて、読めるかというか読むのか不安と言ってたけど、今日一日でよく分かった。読みたきゃ読める。

本を読み出してスイッチが入っちゃうと完全に向こうの世界に入っちゃう。文字を読んでるはずなのに、頭の中に物語の風景が展開されてその世界や登場人物が動いているようにして再生されている。絵や写真としてみたことは無いのに自分なりの世界観が構築されて、たとえば主人公の家とか学校とか職場とかが自然に浮かんできてその中で物語が進んでいる。
今日も読み始めたらすぐにスイッチが入って、一気に5巻まで読み終えた後、ふと意識が自分の部屋に戻ってきて周りを見回し「現実ってのはこっちなんだよな」と認識する必要があるぐらいにはまり込んでしまっていました。電車の中で本を読むことはよくありますが、車内でこのスイッチが入るとかなりの確率で目的の駅で降り過ごします。
読み終えてこっちに戻ってきてもしばらく物語の世界観を引きずってたり、登場人物と同じ思考回路が動いてたりして結構危険です(笑) まさに酒を一気に飲んで酔っ払ってるような状態。活字のラッパ飲みで二日酔いのようになったこともある(笑)

とらドラ5! (電撃文庫 た 20-8) とらドラ 5! (電撃文庫 た 20-8)
竹宮 ゆゆこ (2007/08)
メディアワークス

この商品の詳細を見る

高校生活といえば学園祭!ということで学園祭の巻。文化祭での人気投票トップを目指す竜児と大河のクラスの企画はホームルームの結果・・・!? ぶりっ子鉄仮面の亜美が引っ張りながら「ガチ」で準備・練習が始まる。そうこうしているときに大河の父親とやらが登場して大河と実乃梨と竜児の関係も妙な流れに。
竜児の心の暗い面、そこから生じた竜児の気持ちと親友大河のことを思う実乃梨、そして父親が現れたことによる大河の感情の揺れが絡み合います。ちょっとシリアスな展開ですが、文化祭気持ちよく終えスッキリとしました。今までのようなネタに満ち溢れたゆゆこ節は影を潜めていますが、今回は読ませる展開でこれはこれでいいと思います。このラブコメは何巻まで続くんでしょうか。まだ高2の秋ですが。

ついさっきまで、タイトルは「とらドラ!#NUM」(#NUM=巻)だと思っていたのだが、良く見たら「とらドラ#NUM!」だって事に気づいた。Amazonのも間違ってたし。

コメント

コメントの投稿


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aoa30.blog17.fc2.com/tb.php/395-181196d2
この記事へのトラックバック

Author

Categories

Twitter

Calender

09 | 2017-10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Tags at random

Archives

Admin

Opera

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。