迎え角30deg.跡地

もうここにはいない

--/--/-- --:--

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/01/22 23:58

紙飛行機大会 

大学の授業ですよ(笑)
航空機力学の授業で自作紙飛行機で競う大会をやるらしいです。

んなことで作りました、カナード機。左向きに飛びます。
適当にCADで線を引っ張って、裁ちバサミでカット、セメダインCで接着。家ん中で5mぐらいしか飛ばしてないけど、素性は悪くなさそう。小学生の頃、「子供の科学」付属の紙飛行機を毎月作っていた経験が役に立ったのかな?

最終課題はこの紙飛行機製作に関することのレポートらしいです。
「なんだよその課題、メンドクセー」とかぶーたれてるやつもいましたが、実際に手を動かして飛ぶものを作って競わせるのはいいことだと思います。工学部の学生として物を作れないと失格でしょ。
こんな小さい模型でも試しに飛ばしてみると「重心がずれてrなぁ」とか「あ、スパイラル寄りだ」とか「ダッチロールしてるぜ」とか授業で学ぶ内容を確認できて面白いです。写真の機体の垂直尾翼がテープで継ぎはぎされてるのは、重心位置を後に下げるのと垂直尾翼の効果を強めてダッチロールを抑えるため。


最初は果敢にも無尾翼機にトライしましたが薄い紙しかなく、剛性不足であえなく玉砕。
もうちょっと経験値を積んで美しいフライトができるように調整しようと思います。

やっぱ、無尾翼はむずかすぃー。
鳥人間コンテストで無尾翼機を飛ばしていた糸谷さん、製作面でも操縦の面でも天才的です。

コメント

コメントの投稿


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aoa30.blog17.fc2.com/tb.php/231-fe1fb3bc
この記事へのトラックバック

Author

Categories

Twitter

Calender

07 | 2017-08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Tags at random

Archives

Admin

Opera

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。