迎え角30deg.跡地

もうここにはいない

--/--/-- --:--

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/12/17 23:23

スーパーエッシャー展 


スーパーエッシャー展に行ってきました。

結構詳細に書いてた記事が消えてしまい激萎えなので、超あっさりいきます。ああもぅっっヽ(`Д´)ノ

人が多かった。終了間際はやめたほうがいい。チケットは前売りに限る。
律儀に並んで一つ一つ見る必要はないだろう。哀れ日本人。
音声解説はNINTENDO DS LITE。面白い。
前半の風景画ゾーンはほとんどすっ飛ばした。表現技法はすごくても書いてる物はとても平凡なものに感じた。
後半のだまし絵、タイル絵(?)ゾーンはじっくり。論理だった構成や、矛盾を秩序を乱すことなく表現する技能に感動。
会場を出るとグッズ売り場。ガシャポンに行列を作る人々。

この先の記事はエッシャー展とは関係ないですが。

結局今週末も自転車に乗る機会を失ってしまった。課題が結構出てて消化不良になっているので。サクロンでも飲むか。

空気力学の数値計算シミュレーションの課題。カルマン渦が発生してくれるはずなのだが、途中で値が発散して渦が一個しか出ない。

昼に食べたうどんの残り汁を箸で切ったら、いとも簡単にカルマン渦がきれいに発生してくれてげんなり。数値計算は難しい。

課題の資料に埋もれて机の前でPCに向かっているのだが、周りに今までになく本が積んである。別に資料にしてるわけでもなくしまうところがイマイチないため積んであるだけなのだが。
最近読んだ本とか、ちょっと前読んだ本とか、買ったまま手付かずの本とか、読み書けとか、このblogで紹介してない本をやる気なく羅列してみようと思う。


読んだ本

重力ピエロ 重力ピエロ
伊坂 幸太郎 (2006/06)
新潮社

この商品の詳細を見る

2階から春が落ちてくる。おもしろい。


ラッシュライフ ラッシュライフ
伊坂 幸太郎 (2005/04)
新潮社

この商品の詳細を見る

エッシャーの階段の絵から始まる話。おもしろい。


ドミノ ドミノ
恩田 陸 (2004/01)
角川書店

この商品の詳細を見る

いろんな人生がドミノのように。ドタバタしてて面白い。


神様のパズル 神様のパズル
機本 伸司 (2006/05)
角川春樹事務所

この商品の詳細を見る

宇宙を作ってみる卒論を書く主人公。SFチック。ラストがうーん。


失はれる物語 失はれる物語
乙一 (2006/06)
角川書店

この商品の詳細を見る

乙一ワールド


ロミオとロミオは永遠に〈上〉 ロミオとロミオは永遠に〈上〉
恩田 陸 (2006/07)
早川書房

この商品の詳細を見る

ロミオとロミオは永遠に〈下〉 ロミオとロミオは永遠に〈下〉
恩田 陸 (2006/07)
早川書房

この商品の詳細を見る

サブカルに憧れ管理社会からの大脱走。おもしろい。


時をかける少女 〈新装版〉 時をかける少女 〈新装版〉
筒井 康隆 (2006/05/25)
角川書店

この商品の詳細を見る

映画のCMを見て買ってみた。朝比奈みくるではない。


噂
荻原 浩 (2006/02)
新潮社

この商品の詳細を見る

口コミ時代の連続殺人。レインマンとは? おもしろい。


読みかけ

C言語ポインタが理解できない理由 C言語ポインタが理解できない理由
朝井 淳 (2002/03)
技術評論社

この商品の詳細を見る

なるほどなるほど。


重大事故の舞台裏―技術で解明する真の原因 重大事故の舞台裏―技術で解明する真の原因
日経ものづくり (2005/10)
日経BP社

この商品の詳細を見る

ふそうタイヤハブとか福知山線とか原子力とか。


圧縮性流体力学―内部流れの理論と解析 圧縮性流体力学―内部流れの理論と解析
松尾 一泰 (1994/11)
理工学社

この商品の詳細を見る

教科書ですから・・・。つい最近買った。


たそがれゆく日米同盟―ニッポンFSXを撃て たそがれゆく日米同盟―ニッポンFSXを撃て
手嶋 龍一 (2006/06)
新潮社

この商品の詳細を見る

混迷する日米外交の展開に読んでるこっちが息切れ。停滞中。


事故と心理―なぜ事故に好かれてしまうのか 事故と心理―なぜ事故に好かれてしまうのか
吉田 信彌 (2006/08)
中央公論新社

この商品の詳細を見る

内容は興味あるんだが、展開があまり好きでない。停滞中。


大学の図書館から借りた本

撃墜―大韓航空機事件〈上〉 撃墜―大韓航空機事件〈上〉
柳田 邦男 (1991/08)
講談社

この商品の詳細を見る

ソ連の秘密主義。(中)(下)はまだ。


宇宙飛行機―スペースシャトルを超えて 宇宙飛行機―スペースシャトルを超えて
長友 信人 (1987/11)
丸善

この商品の詳細を見る

スペースプレーンの解説書。


未来への飛行―コンピューターフライト 未来への飛行―コンピューターフライト
加藤 寛一郎 (1989/09)
丸善

この商品の詳細を見る

コンピュータテストパイロット。上の「宇宙飛行機」と合わせてレポのネタ探しに借りた。


未読(つんでr積読状態)

ハイペリオン〈上〉 ハイペリオン〈上〉
ダン シモンズ (2000/11)
早川書房

この商品の詳細を見る

SFの名著(らしい)。長門さんの影響を少なからず受けて買ってみた。


宇宙へのパスポート〈2〉M‐V&H‐2Aロケット取材日記 宇宙へのパスポート〈2〉M‐V&H‐2Aロケット取材日記
笹本 祐一 (2003/10)
朝日ソノラマ

この商品の詳細を見る

ロケット打ち上げルポ。結構びっちり書いてあるから長く楽しめそう。


NHKにようこそ! (6) NHKにようこそ! (6)
大岩 ケンヂ、滝本 竜彦 他 (2006/11/21)
角川書店

この商品の詳細を見る

どうなる、ひきこもり生活。


ボクのセカイをまもるヒト ボクのセカイをまもるヒト
谷川 流 (2005/11)
メディアワークス

この商品の詳細を見る

谷川さんつながり。

コメント

  1. Keita | URL | #-
    大変だったなあ.この時期は.懐かしい.

    カルマン渦の流線(かな?)グラフィックがすごいですね.
    どうやってつくったの?

    (2006/12/18 12:04 :: 編集)
  2. いけち | URL | #-
    Visual Basicで可視化プログラムを作りました。シミュレーション実行後に出力される速度場(u,v)のファイルを読み込んで、長さと角度を求めて直線を描いてます。
    リアルタイムで更新とかはされてないです。こういうときGUIの言語は便利ですね。

    H2A最重量スタイルで打ち上げ成功めでたいっ
    (2006/12/18 23:04 :: 編集)
  3. Keita | URL | #-
    良く見たら、流線じゃなくて速度場だ。。

    Visual C++しか使ったことないけど、Visual Studioの仲間は直感的にグラフィックなどを作りやすくて便利だね。自分の当時はC言語だけでファイルに出力してExcelでグラフ化してって面倒くさかったなあ。Visual Basicを使いこなせるなんてスゴイですね。


    >H2A最重量スタイルで打ち上げ成功めでたいっ

    うん、なかなか良かったね。でも、204型ってこの後しばらく使う予定がないらしい。。。
    (2006/12/24 22:48 :: 編集)

コメントの投稿


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aoa30.blog17.fc2.com/tb.php/204-c86637d9
この記事へのトラックバック

Author

Categories

Twitter

Calender

09 | 2017-10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Tags at random

Archives

Admin

Opera

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。