迎え角30deg.跡地

もうここにはいない

--/--/-- --:--

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/10/25 02:10

ミニ四駆ノスタルジア 


ふらふらとネットサーフィンしていたら、
http://www.youtube.com/watch?v=isgMcbO6N9E
こんなものにたどり着いてしまった。(何でかは聞くな)
懐かしくて涙が出そうになりましたよ。

http://www.youtube.com/watch?v=gne47uYNko8
マシンの世代的にはこの辺までですかね。

古いほうは
http://www.youtube.com/watch?v=0FvrdlXvZjw
ダッシュ四駆郎も見つけました。
アニメ自体は見てませんが、マシンがめちゃくちゃ懐かしい。

思いっきりミニ四駆世代の自分は、ミニ四駆をいじり回すことでものづくりの勘を養ったと言っても過言ではないと自負しております。

てなわけで、お世話になった(=作った)マシンたちを並べてみたいと思います。
長くなるかと思うので、続きを読む、からどうぞ。

だいたい手に入れた順に並べて行きたいと思いますが、古いほうはあいまいです。

★レーサーミニ四駆


ダッシュ001号.大帝(グレートエンペラー)
忘れもしない、これがはじめてのミニ四駆。なぜミニ四駆を手に入れることになったか、どこで買ったのかなどは何も覚えていない。
自分の手で組み立てたマシンが初めて動いた瞬間と予想以上の速さの感動をよく覚えている。それと同時に走り始めたマシンがすぐに壁に激突し、自分の家の狭さを子供ながらに嘆いた記憶がある。
バンパー上のフロントウィングが脱着可能だったのですが、はめ込むだけなのでショックで外れるんですよ…。
この頃はグリスの使い方が理解できていなかったと思う。


ダッシュ3号.流星(シューティングスター)
未来的なデザインと、とげとげのタイヤが印象的でした。
タイプ3シャーシ。


マンタレイJr.
この滑らかなデザインがカッコよかった。これは外せないでしょう。


ダッシュ2号.太陽(バーニングサン)
なぜかダッシュ2号に手をつけたのは結構後だった。なぜこのマシンを選んだのだろう。力強いデザインでした。
気合を入れてペイントした記憶があります。
タイプ3シャーシ。結構好き。


クリムゾングローリー
フロントモーターです。選んだのは確かそれが理由だったと思います。
安定して走り、ちまちま改造してたら意外と速くなったように思います。
これが後に。。。


原始大帝(プロトエンペラーZX)
祖母の家に行ったときに近くのおもちゃ屋で買ってもらったと記憶しています。
買ってしまったら買ったで、作ってしまいたくて祖母の家で組み立てました。
ニッパーとかの工具はどうしたんだろうと、今になって思います。
これが自分最後のレーサーミニ四駆。デザインも先進的な感じがして、この後のスーパーミニ四駆につながっている気がします。

★スーパーミニ四駆


ビッグ・バン・ゴースト
初のスーパーミニ四駆です。この頃から自分の小遣いやお年玉でマシンやパーツを買い始めたと思います。
そのためか改造の幅も広がり、肉抜きもこの頃覚えました。ピンバイスは手が出ず、工具箱にあった錐で代用していました。
レーサーミニ四駆の「車!」というデザインとは違う未来的な雰囲気が気に入っていました。
モーターが付属していないのは結構衝撃でした。金銭的にも。


ブーメラン10(テン)
持ってたんですが、このマシンにはあまり記憶がありません・・・。
この次に衝撃的なマシンがリリースされたからでしょうか。

★フルカウルミニ四駆


マグナムセイバー
コロコロ(確か)で初めて写真を見たときの衝撃を忘れられません。この頃はネットなんてものはなく情報の収集元はコロコロコミックでした。懐かしー。
マグナムは入荷日に学校から帰ってすぐに買いに行きました。
このマシンからです、本格的に改造に走り出したのは。とっかえひっかえいろんなパーツを組み込んでいました。小径ホイールになったりローラー周りのパーツが増えたりとミニ四駆ブームが加速し始めた時代でした。
にしても、あのベアリングローラー2つで600円は小学生には苦しかったなぁ。
このマシンは最終的に肉抜きを大量に施し軽量化しましたが、デパートにあった特設サーキットで走らせたときにバンクコーナーからコースアウト→転落で見事に砕け散り悲しい最期を遂げました。合掌。


プロトセイバーJB
ホントは新しいマシンとして、スピンアックスを買おうとなじみの模型屋さんに行ったのですが、品切れかつ入荷日不明と言われいったんは帰りかけましたが、「新しいマシンが欲しい」という気持ちに負け代わりに買ったマシンです。
希望とは違ったものの青い色が気に入って結構弄り回しました。組み立てのときステッカーを貼らなかったように記憶しています。


バンガードソニック
親の用事にいやいや付き合わされたご褒美として発売したてのこのマシンを買ってもらいました。今思えば600円で釣れるのですから安いもんですね(笑)
この頃、ミニ四駆ブームは最高潮(?)に達していたのか、小学校にもとうとうミニ四駆クラブが新設され、1年間所属して遊んでいました。みんなが持ってくるコースをつなぐと結構大きくなり、みなマジになりレースをしてました。
スーパーミニ四駆にキャタピラを履かしたりとトンチキな改造を始めたのもこの頃です。


ブロッケンギガント
今で言えば「キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!! 」となるような衝撃を受けたのがこのマシンでした。レーサーミニ四駆の"クリムゾングローリー"でフロントモーターの安定感を知っていたため「これはイイ!」と購入しました。
シャーシの出来がよくかなり手を入れた改造をしました。最終的にはなぜか大径タイヤが付いていたりと意味不明でしたが(笑)速かったです。


ハリケーンソニック
これが最後に自分で買ったミニ四駆です。写真を初めて見たときから改造の仕方なぞを練っていて、買ってきてすぐ肉抜きスタート&スプレーでつやありの真っ赤に塗装しました。
フロントバンパーの割れやすいスーパー1シャーシからスーパーTZシャーシに変わり扱いやすくなりました。
これも結構な改造を施しましたが、残念ながら大きなレースに参加して走ることなく、ミニ四駆熱から卒業してしまいました。
ただ、まだ物置のどこかにキャリングケースに入って残っているはずなので今度紐解いてみるのも面白いかもしれません。

★番外編


ワイルドミニ四駆"ハイラックス MレーサーJr."
やたらタイヤがでかいミニ四駆です。系譜的にはミニ四駆の原型となったオフロードRCの血を引き継いでいます。とても大きなタイヤと大きなギア比でで公園とか家の中など障害物をたくさん置いて遊んでました。
ミニ四駆ブームに乗ってきた若造(自分からすれば)はミニ四駆と認めてくれませんでした。


ミニF-1"フェラーリ642"
こちらはミニ四駆の前身に当たるのでしょうか?詳しいことは分かりませんが、後輪駆動だったので四駆ではないです。
誕生日のプレゼントで友達からもらいました。
当時はこれがF1レーシングカーであることしか知りませんでしたが、今思い返すと真っ赤なボディーはフェラーリのものだったのですねぇ。


こんなところが、僕のミニ四区遍歴です。各車、思い出もいろいろあるのですが、長くなり過ぎそうだったので軽くまとめました。
今度気が向いたらグレードアップパーツ版もやってみようかな。とんでもなく長くなるかもね~。

コメント

  1. いけち | URL | #-
    (2006/11/07 02:21 :: 編集)

コメントの投稿


トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://aoa30.blog17.fc2.com/tb.php/175-c3a96366
この記事へのトラックバック
フルカウルミニ四駆フルカウルミニ四駆(ふるかうるみによんく)はタミヤの動力付き自動車模型、ミニ四駆シリーズの一種で、1994年から発売された。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History Li

Author

Categories

Twitter

Calender

08 | 2017-09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Tags at random

Archives

Admin

Opera

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。