迎え角30deg.跡地

もうここにはいない

--/--/-- --:--

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/05/27 22:38

2012GW-たまゆら聖地巡礼 

ツーリングを瀬戸内にした理由の一つはしまなみ海道走破でしたが、こちらも大事な目的でした。
広島県竹原市が舞台に描かれているアニメ「たまゆら」の聖地巡礼をしてきました。

作中に描かれる歴史ある町並みとゆったりとした時間の流れから、同じく広島県尾道が舞台の「かみちゅ!」と同じ雰囲気を感じて、この街は絶対気に入るはずだと思っていました。是非訪れなければと考えていたところ、GWのツーリングの計画に合わせてスタート地点に設定してしまいました。

広島空港から自転車で坂を下りって30分。竹原の街にはすぐに到着しました。
まず、駅に向かおうとしていたのですがその途中にあった竹原市役所にびっくり。

まさかの「痛市役所」です。竹原はアニメたまゆらとのコラボレーションをだいぶ押しているようで、その様子はNHKのクローズアップ現代でも取り上げられていました。ですが、まさか市役所にこんな大きな看板が用意されているとは思いませんでした。

1年前のGWに「true tears」の聖地巡礼で富山県城端を訪れた際、竹原市の方で「これから竹原をたまゆらでアピールしていきたい、その参考にしたくて城端に来た」という方とお話しした経緯もあり、このような形が実現されているのはなかなか感慨深いものがありました。その時のお話しでは、まだファンの方と地元の方の行き違いによるトラブルもあったとのことでしたが、一山越えたという感じでしょうか。

[2012GW-たまゆら聖地巡礼]の続きを読む
スポンサーサイト

2012/05/23 22:18

2012GW-瀬戸内・四国ツーリング4日目 

5/1 ツーリング4日目。四万十川を走ります。

松山から特急に乗り宇和島へ移動。車内で朝ご飯に駅弁を食べたけど、世間的には平日だったみたいで出勤する方々の中でのんきにお弁当の臭いを漂わせていました。

宇和島に着いたら、路面はちょっと濡れてるけど雨もほとんど止んでる。

ダムによってテンション上げたり。

四万十川を目指して峠を登っていきます。たいした坂じゃなかったように思うのだけど、疲れがたまってるのか以外としんどかったのです。登ってしまえば、あとは川を目指して下り基調です。その後も川下りだしお気楽。


ちょうど四万十川沿いの道に入ったところでお昼のお時間。道沿いのお店で、川エビを食べました。

ちなみに自分は、四万十川沿いを自転車で走るのは2度目です。2009年夏の四国旅行で来たときは、鉄道旅でレンタサイクルを借りて数kmを往復したのみでした。その時は、天気は凄く良かったものの、前日までの天気のせいで川はドロドロに濁っていました。

そして、今回。
[2012GW-瀬戸内・四国ツーリング4日目]の続きを読む

2012/05/22 00:08

2012GW-瀬戸内・四国ツーリング3日目 

4/30 3日目

朝起きると、天気予報通り雨。幸いザーザー降りではないものの路面はびしょ濡れです。

あうあーとか言いながら、朝食(オコゼ味噌汁付き)を頂き、防水装備を用意します。
と言っても言うほどの準備はなく、フロントバッグに防水カバーを掛ける、ウィンドブレーカを着る、だけ。サドルバッグは防水記事とのことで何も無し、ズボンやシューズは速乾だから適当で大丈夫、ってことにしておく。
フロントバッグにカバーをしてしまって地図を見ることが出来なくなってしまったものの、しまなみ海道は丁寧に道案内されているので地図いらずでした。

走り始めると上からの雨は何とも思わないんだけど、やはりタイヤからの跳ねあがった水しぶきが冷たい。
最初は4人のうち先頭を走っていたものの、どうやら他3人の700Cのロードバイクより20インチのポケロケちゃんのタイヤの方が水の巻き上げが激しいらしく、後続は辛かったらしい。タイヤに模様が入ってるから水をトラップしやすいのもあったかも…?

合わせて、サドルバッグがサドルより微妙に下にあるものだから、バッグが泥よけの役割を果たさずお尻から背中にかけて泥だらけになってしまいました。

こういうテンションの下がるコンディションの日は仲間と一緒に走っていて良かったと思います。1人だったら「もういやだ…」って心が折れちゃいますが、4人もいるとなんとかなります。気分的に。


途中で伯方の塩ソフトクリームを食べたりびしょ濡れになったりしながらも、しまなみ海道最後の橋、来島海峡大橋に到着。こちらでも最近ロードバイクにはまってツーリングしまくっているという人と雑談しました。

雨でカメラを取り出すのが億劫で写真が少ないです。

来島海峡大橋の途中には、馬島という無人島に降りられるエレベータがあります。今回はそこを降りて、島へ上陸してみました。

橋脚に沿ってそびえる原付も乗せられる大型エレベータ。ちょろっと島の中を走ったり、タイマーで集合写真を撮影したりしてました。

橋に戻って無事しまなみ海道完走し今治側のサイクリングターミナルでお昼ご飯を頂きます。焼きカツカレーが凄いボリュームでお腹いっぱいになりました。

@har_u君と@hijouguchi君はGW半ばに用事があるので今日で離脱、自分と@fenrir_n氏はこのままツーリングを続行します。今治駅へ向かう2人に別れを告げ、自分たちは松山へ車輪を転がします。3kmくらい。

ここで雨の勢いがかなり増してきてにっちもさっちもいかなくなる状態に。ここは潔く撤退を決め込んで最寄りの駅から輪行しました。松山駅までは1時間ちょいくらい。電車って楽な乗り物だなぁと実感する移動時間でした。

松山に到着、特に走る気ももう起きないので、宿に荷物を放り出し着替え道後温泉へ。

路面電車に乗ってのんびり観光しました。
温泉に浸かって、発泡酒飲んでバタンキュー。

続く。

2012/05/20 22:25

2012GW-瀬戸内・四国ツーリング2日目 

2日目 4/29

朝ご飯は尾道の商店街にある喫茶店で美味しいコーヒーを飲みながらトーストなど頂きその日の計画を相談。
相談の結果、午前中は街の散策へ、午後過ぎからしまなみを走り始めることにしました。
今回のツーリングはしまなみ海道の中間で宿泊し、2日間でのんびり走る計画だから余裕があるのです。
尾道の素敵な町並み散策はまた別の記事にて。

お昼ご飯を食べていざしまなみ海道!と言っても最初の向島へはお馴染みの渡船です。

数分の短い船旅を終えて走り始めます。しまなみ海道のルート上は車道の脇にずっと青い線が引かれているのでまったく迷う心配がありません。以前に来たときは無かったので、昨今の自転車ブームに乗って書き足したのかもしれません。

そして、自転車の多いこと多いこと。軽装でロードをかっ飛ばし1日で往復しちゃうような勢いの人から、自分たちのように荷物を担いで数日のツーリングのような人、レンタサイクルでのんびり走っている家族連れなどなど賑わっていました。

生口橋の前で自転車並べて記念撮影。


休憩ではお馴染みドルチェでジェラートをいただきます!島産のレモンとみかんをセレクト。甘みと酸味がすっきりしてうまー。チャリダーもドライブの家族もたくさん集まっており、お店は大賑わいでした。

生口島ではちょっとサイクリングロードを外れて橋で繋がっている小さな島、高根島というところに入り込んで一周してみました。素堀のトンネルがあったり、前日に走った広島県の景色が見えなかなかよろし。

今日のゴールは大三島の民宿カリブ。食べたことの無かったオコゼ料理のプランにしていたのですが、これがまた美味しくてボリュームたっぷりで大満足でした。ついでに、となりのテーブルのおじさん達が「俺たちはもう食いきれないから若い人にあげるよ」と舟盛り(結構残ってる)を頂き満腹になりました。自転車の疲労とビールとでバタンキューでした。

2012/05/08 22:41

2012GW-瀬戸内・四国ツーリング1日目 

冬ごもりで自転車オフシーズンしてる間から、Twitterで仲の良い方々としまなみ海道に行きたいね!っていう話をしており、GWの連休を使って実行しました。同行者は@fenrir_n, @har_u, @hijouguchiの3人。

初日は広島空港まで飛行機輪行しました。久々の飛行機だったので窓に食らいついて景色眺めていました。雪をかぶった綺麗な山々の脇を通りすぎ、天橋立が真横に見えたあたりでディセンド開始。三原の上空を通過して西から広島空港へランディング。


広島空港でhar_uとfenrir_nの2人と合流し走り始めます。高台の広島空港から坂を下り竹原へ。こちらでhijouguchiくんと合流。
自転車を道の駅に止めて、竹原の古き良き町並みを堪能しました。こちらはまた別の記事にて。


竹原の町中でお昼ご飯を食べ瀬戸内海沿いを東へ走り始めます。日が差して暑いほどのいい天気でした。
適当に景色の良さそうなところを立ち寄りながらのんびり走ります。海沿いの道は景色が開放的で凄く気持ちがいい!走りながら思わずニヤニヤしてしまいます。


翌日のしまなみ海道で渡る多々羅大橋をバックにパシャリ。
今回のツーリングではフロントバッグと、サドル下に付けたCarradiceの大きなサドルバッグに全ての荷物を詰め込みました。フロントバッグに一眼レフや財布、携帯その他小物をしまい、サドルバッグに着替えを押し込んでいます。今まではドイターのバックパックを背負ってのツーリングでしたが、荷物を自転車に全部背負ってもらったことでかなり快適でした。汗でびしょ濡れベタベタにならないって言うのは大きいですね。
このCarradiceのサドルバッグもまだ収納に余力があるので多少ならばお土産を入れることも出来ました。
ただ、竹原で買った竹炭マドラーは他の荷物に押しつぶされて粉々になってしまいましたが…。


尾道までずっと海沿いの道です。途中、国道2号の狭い道幅に大型トラックが爆走する区間があり肝を冷やしましたが無事尾道に到着できました。
尾道駅前はちょうどお祭りが開催されていて凄い人だかり。
観光は翌日にして尾道ラーメンの朱華園で夕飯を食べお宿に向かいました。


お宿の旅館では自転車を置くスペースが用意されておりさすがしまなみ海道の起点だなぁと感激した次第です。

Author

Categories

Twitter

Calender

04 | 2012-05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Tags at random

Archives

Admin

Opera

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。