迎え角30deg.跡地

もうここにはいない

--/--/-- --:--

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/01/29 23:59

スタバヴェンティに敗北 

スタバ行ったんですよ、スタバ。
レポートやろうと思ってね。んで、コーヒー頼んだんだけど長居するからちょっと多く欲しいなぁと思ってサイズを見るとVってかいてあるんですよ。
かるーいノリで、なんじゃこりゃと思ってた頼んだんだけど、これはヤバい。
どれくらいヤバいって川崎球場30杯分ぐらいヤバい。いや、さすがにそんな量じゃないけどさ。
ありえない大きさだって。重心高くて転びそうだし。後で調べたら590mlも入ってたらしい。飲めるかっつーの、コーヒーをそんな量。
がんばって飲んでたけどそれでも残したし、なんか気分悪いし、トイレ行きたくなるし。
「あ、コーヒーって離尿効果があったな」とかスタバでレポートしながらなに考えてんだよ。
んで、長いことうんうんいいながらコーヒーレポートに苦しめられ、のくせして問題を解けきらず消化不良、レポートがね。胃の調子も悪かったけどさ。

もう嫌になったからもう諦めて近くの本屋に行ったんですよ。そしたら、読もうかなぁとお持ってた「ひだまり」とか「ボクセカ」とかないんですよ。ムキーっってなって文庫4冊ぐらい買ってきた。また積読本が増えちゃった。

そんな感じで、更新ネタがなくなる試験期間突入です。現実逃避の度になんか書きます。

買った本とか。雑記もろもろ。
[スタバヴェンティに敗北]の続きを読む
スポンサーサイト

2007/01/25 22:52

息抜きラン+ブルホーン化まとめ 


本日は、試験が近づいてきて授業がなくなってしまったので学校はお休み。
いや正確には1科目授業があった気がするのだが、よく覚えていないということで。

レポートに一区切りが付いたので休憩として鶴見川を走ってきました。
ステムを20mm短くしてポジションがぴったり合い、とても気持ちよく走ることが出来ました。上半身が落ち着くと脚の回転も良くなります。ポジションは重要ですね。

それと、先日買ったウィンドブレーカを試してみました。ユニクロのドライTシャツに普通のロンTを着てその上にウィンドブレーカを着用。
効果は抜群。正直こんなに効果があるとは思ってなかった。走ってて「寒い」ということはなく、あっても体が温まる前に「ちょっと冷たいな」と感じる程度。走り出して体が温まってくるとホカホカしてちょうど良かったです。軽く汗がでてくるぐらいで走ることができました。体は冷えるより暖かいほうが動きがいいですね。
汗をかいても、左右に付いたメッシュのおかげで中も蒸れることはありませんでした。

上の写真、なんか普段よりスマートに見えるなぁと思ったら、ポンプを家に忘れてました。こんなに印象変わるなら、小さい携帯ポンプにしてもいいかなと思ってしまった。

以下、ブルホーン化まとめ。
[息抜きラン+ブルホーン化まとめ]の続きを読む

2007/01/22 23:58

紙飛行機大会 

大学の授業ですよ(笑)
航空機力学の授業で自作紙飛行機で競う大会をやるらしいです。

んなことで作りました、カナード機。左向きに飛びます。
適当にCADで線を引っ張って、裁ちバサミでカット、セメダインCで接着。家ん中で5mぐらいしか飛ばしてないけど、素性は悪くなさそう。小学生の頃、「子供の科学」付属の紙飛行機を毎月作っていた経験が役に立ったのかな?

最終課題はこの紙飛行機製作に関することのレポートらしいです。
「なんだよその課題、メンドクセー」とかぶーたれてるやつもいましたが、実際に手を動かして飛ぶものを作って競わせるのはいいことだと思います。工学部の学生として物を作れないと失格でしょ。
こんな小さい模型でも試しに飛ばしてみると「重心がずれてrなぁ」とか「あ、スパイラル寄りだ」とか「ダッチロールしてるぜ」とか授業で学ぶ内容を確認できて面白いです。写真の機体の垂直尾翼がテープで継ぎはぎされてるのは、重心位置を後に下げるのと垂直尾翼の効果を強めてダッチロールを抑えるため。

[紙飛行機大会]の続きを読む

2007/01/21 22:03

ハセガワ 1/200 B737-200 

居は自転車関係の買い物です。
先日の初詣で寒い思いをしたのでウィンドブレーカを買いに行きました。電車でです。
御徒町のOD BOXで、パールのウィンドブレーカを5000円で買いました。安く上がってよかった。
そして、今度はASAZOへ移動し、ブルホーン化したことで若干遠くなってしまったハンドルを手前に寄せるために、80mmのステムを購入。こっちは2000円弱。

んで、ひさびさ(?)なので日曜のカオス化してるアキバを抜けて帰ろうと秋葉原駅へ向けて歩いていると、プラモ屋発見。覗いてみることにする。
4階が全部飛行機でしたが、旅客機の棚に行って仰天。な、何だこの品揃えは・・・!!
SWALの737-200、ANAモヒカンの737-200,727-200、TDAのDC-9、ピーターパン塗装のJAS DC-10、1/48サイズのリアジェット35、果てはコンコルドのJAL塗装まで。なんか一昔前の旅客機プラモがたくさんあります。
TDAのYS-11はプレミアがついてるのか25000円。ぎょへー。他にもUS-1とかXT-4(Xですよ)とか普通じゃ見られないものがどっさり。
んで、見ているうちにプラモを作りたくなってきて買ってしまいました。

南西航空(日本トランスオーシャン航空の前身)B737-200と全日空(モヒカン塗装)のB737-200
〆て1700円也。
いやぁ、レトロ好きにはたまらない塗装に愛すべき737-200ですよっ、ってお前何歳だ。

[ハセガワ 1/200 B737-200]の続きを読む

2007/01/21 00:23

はったり!ないない大事典 

あまりの納豆ダイエットの過熱ぶりに疑問視していましたが、やはり嘘っぱちでした。
ニュースによると、

1)被験者がやせたことを示すのに別人の写真を使用
2)米の大学教授の発言の日本語訳の一部をねつ造
3)被験者の一部の中性脂肪値が正常値になったとしたが、測定せず
4)納豆を朝2パックまとめて食べた場合と、朝晩1パックずつ食べた場合の比較で、被験者の血中イソフラボン濃度の結果をねつ造
5)被験者の血中のDHEA(ホルモンの一種)量検査のデータをねつ造、また、許可を得ずグラフを引用

とのことで、つまりは納豆のダイエットの効果を試す実験結果の真偽がどうのという問題の前に、実験すらしてないということじゃないっすか。個人的には嘘っぱちと言っても「被験者同士での実験の条件(生活習慣とか)を整えてない」とか「データの処理方法が違った」とかその程度だろうと思っていたのですが、こんなに酷いとは正直驚きです。
番組を見ていないので分かりませんが、英語が聞き取れてれば「2)日本語訳の一部をねつ造」は見破れたのでしょうか。

もともと納豆は健康に良い食材といわれます。そりゃ、欧米の脂質分の多い食事に比べれば、白米に納豆に味噌汁な日本食は健康に良いでしょう。でも、納豆はずっと昔からあり、ずっと消費されてきた食材です。突然今になってダイエット効果が出るなんてことはないでしょう。
単純な話としてこれぐらいは、思いついて疑うべきでしょうが、結果として週明けにスーパーの店頭から納豆が消えるという「騒動」になってしまいました。嘆かわしい。

血行の良くなるブレスレットとかマイナスイオンとかニセ科学が流行っている時代、何が正しくて何が嘘なのか判断できる知識や思考力などの自分の中での物差しが必要です。ゆとり教育とか、科学に関して言えば理科離れとかがこの「物差し」の育成に悪い影響を与え続けているような気がしてなりません。

こちらがとてもためになります。もっと啓蒙すべき。
http://www.youtube.com/watch?v=9LNRYsyWgEY
NHK 視点・論点 「まん延するニセ科学」 大阪大学教授 菊池誠

ニュースの方はそのうち消えてしまうので下に貼っておきます。
[はったり!ないない大事典]の続きを読む

2007/01/17 01:13

eneloopの評判 


eneloop

SANYOが満を持して送り出した家庭用充電池eneloopの評判が気になるこのごろです。
ニッケル水素電池1.2Vで容量は2000mAh(単3型)でいわゆる最近の普通の充電池。
しかし、充電池を気軽に使ってもらえるようにするため、今までの充電地にはない特徴を備えています。

「つぎ足し充電OK」
「自然放電が少ない」

の2点がこのeneloopの大きな特徴です。

私は今、デジカメ用に富士フィルムの充電器と充電地のセットを使っています。充電器にメモリー効果を解消するリフレッシュ機能が付いていて、メモリー効果による電池寿命の低下を防ぐという仕組みになっています。
ですが、説明書には「電池は十分に使いきってから新たに充電してください」と明記してあります。また、リフレッシュ機能も単3型の場合約8時間ほどかかるという仕様になっています。
この記述をちょっと深読みすると、「十分に使い切ってから充電するようにしてもしばらく使ってるとメモリー効果が出てきますよ。放電しきってなかったらもっと影響が出ますよ」とも意訳できます。
実際のところ電池を完全に放電しきるような使用法はあまり現実的でないし(デジカメでぎりぎりまで粘ってシャッターチャンスで電池が切れたら困る etc.)、8時間の放電時間も長すぎます。ヘタってきたらリフレッシュをしなければならないというのは普通のユーザーからしたら手間です。少なくとも機械オンチのうちの親には理解できないし、やらないと思います。

eneloopはその手間を解消するべく改良を施しているようです。
カタログには「メモリー効果の影響が少ないので~」とあるから、メモリー効果がないということはないのだが「つぎ足し充電OK」と明記できるほどには影響が少ないのでしょう。これは、消費者層を広げるメリットになるし、充電器からリフレッシュ機能を外せば値下げにもつながる、とこちらもメリットになっています。

充電して一月ほど放ったらかしにしていたうちの充電池ではデジカメは長く動きません。家庭で電池が必要になるのはたいてい突然のときが多いので、使いたいときに使える電池は、乾電池・充電池に関わらず便利です。そのストックとしてeneloopを使うことができ、自然放電が少なく1年後でも使えるそうです。

単3型eneloopの容量は2000mAhで最近出ているデジカメとセットで売ってる高容量型充電池(容量2300~2500mAh)より若干少なめです。なのに、Amazonのレビューを見ていると、高容量型の充電池より長持ちすると評判になっています。eneloop商品の評価はすべて★5つ。べた褒めの記事が多いのです。
実際に長持ちするのか、フラシーボ効果なのか、使い方が一定でないのかいまいち分かりませんが(自然放電が少ないのが一因じゃないかと予測)、みんなが寄ってたかって褒めてるのを見るとやはり気になってきます。
小さい充電器(上の写真)もあって旅行なんかにも便利そうです。

思わず、Amazonでポチッとしかけましたが、いけませんいけません。
eneloopのコンセプトは「環境に配慮した使い捨てない電池」でした。
今使える充電器のセットを持ってるのに、新しいのを買ったらそれこそゴミを増やしてしまう。今は今ある充電器のセットをずっと使っていこうと思います。いつか、機会が訪れたら買い替えですね。

Author

Categories

Twitter

Calender

12 | 2007-01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Tags at random

Archives

Admin

Opera

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。