迎え角30deg.跡地

もうここにはいない

「twitter」タグを含む記事

  メイン 

--/--/-- --:--

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/02/11 23:52

Arduinoでtwitterに反応するガジェット 

TwitterのReplyに反応してピカピカ光るガジェットをArduinoを使って作ってみました。

replynotifier.jpg
PCとUSB接続しTwitterでReplyや非公式RTなど@~~に反応して、以前作ったルッキーニの魔方陣がピカピカ光ります。横のLCDモジュールにReply元の方のIDが表示されます。

TwitterのUserStreamを読む部分をPC上で、光らせたりLCDに表示するのをArduinoでやってます。PCからはシンプルにreply元のtwitterIDをシリアル通信でArduinoに送りつけるだけです。Arduinoが通信を受け取るとLEDを光らせLCDに表示する、それだけです。

PCからシリアルを送りつけるのはVisual C#でもVisual Basicでも簡単にできたので、キモだったのはUserStreamを読む部分でした。定期的にTLを読みに行く今までの方法と違い、サーバーからプッシュされてくる?xAuthの認証を組み込んだりしなくちゃいけない?これしきのプログラムにそこまで作り込むのもめんどくさい…。いろんなモジュールとかドキュメントとかを読んでも良く分からないし。

というわけで愛用しているTwitterクライアント「Tween」に寄生する形で実現しました。オープンソースなのでVisual Basicのプロジェクトをローカルに落っことしてきていじってみることが出来ます。
Replyのポップアップバルーンが出る部分に数行シリアル出力コードを仕込ませてもらいました。

実際に反応してる様子はこちらです。

Ustreamで中継してフォロワーさんに@を飛ばしてもらい、反応する様子を楽しんでいただけました。

技術的には大したことはしていませんが、外の世界と電子工作が繋がるのは楽しいですね。
スポンサーサイト

2010/01/02 11:17

2009年を振り返ってたらtwitterの話になってた 

100102.jpg
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

2009年はまるっとTwitterな1年でした。
元旦にTwitterに登録してからズブズブとはまり込んでいき、それと反比例するようにこのブログの更新頻度が・・・。

Twitterがきっかけでニコニコ技術部やMakerな人たち、鳥人間の他のチームの方々と実際に会って交流を深めることができました。もちろん、実際に会えなかった方々もいろんな場面で日常の中で時間を共有することができてとても楽しかったです。
とにかくTwitterのリアルタイム性には驚かされました。試験飛行に呼ばれたこととか、前日に突発的に飲み会を企画して10人以上も集まることができたりとか。なにか発言してレスポンスがすぐあるところは集合知を体現してるようです。

逆に、発言した情報の滞留時間が極めて短いことが弱みであるということも分かりました。
水に流れるようにたくさんの発言の中に埋もれて行ってしまい、あとあと参照しにくくなります。Tweetをまとめるサイトもいろいろありますが、如何せん一つの発言自体が短いのでひとりの知識や考察をまとめあげることが難しいように感じられました。また、レポート的にたくさんの写真や図とメッセージをまとめていくのも難しいです。
その点では一つの記事にまとめ上げることができるブログとしっかり線引きができるのではないかなと思います。

ただ、Twitterで一度ポストした内容ってブログ記事にまとめ直すのが面倒くさい、モチベーションが湧かないっていう問題があるというのも実感しました。今年はその辺、遠慮無くTweetの内容を引っ張り出しながら記事をまとめていきたいです。

つれづれ思うこと書いてたら、昨年を振り返ってたはずがただのtwitterトークになってました。
本年も拙ブログをよろしくお願いいたします。そして、よろしければ@aoa30もフォローしていただければ幸いです。

2009/12/08 13:17

小松基地のF15胴体着陸について 

http://www.asahi.com/national/update/1207/TKY200912070370.html
操縦士、脚出し忘れ胴体着陸 小松基地のF15着陸失敗
2009年12月7日21時41分
 航空自衛隊小松基地(石川県)で4日、F15戦闘機が滑走路上に胴体をこすりながら着陸した事故で、操縦していた近山省吾3等空佐が着陸前に主脚や前脚を出す操作を忘れ、胴体着陸していたことが空自の調査で分かった。滑走路上で監視していた空自隊員は脚が出ていないことに気づいていたが、近山3佐に伝えなかったという。近山3佐は「脚下げはなされたと思って(滑走路に)進入した」と話しているという。

 空自が機体のフライト・データ・レコーダーを調べたところ、近山3佐は着陸前に脚を出すハンドル操作をしておらず、接地後に操作したことが確認された。脚が出ていない場合に鳴る警報音も着陸前に30秒以上鳴っていたという。空自は「警報音は確実に聞こえる音量で鳴っていた。パイロットが『脚を出した』と思いこんでいたので、警報音に気づかなかったのではないか」とみている。近山3佐は総飛行時間3600時間で、このうちF15は2700時間。上級操縦士や多数機編隊長の資格を持つ。

 また、着陸状況を監視する隊員や管制官も脚が出ているかを確認することになっているが、監視していた隊員は「脚が出されていないことに気づいたが、(無線で近山3佐に)伝えるいとまがなかった」と説明しているという。管制官は「はっきりした記憶がない」と話しているという。

 訓練実施後で胴体下部の燃料タンクの燃料は少なくなっていたとはいえ、翼部分の燃料はまだ残っていたとされる。接地した際に胴体下部から出火しており、機体が傾いて翼が破損し、翼内の燃料が漏れだして引火すれば、大きく炎上していた可能性もあったという。
aoa30胴体裏にテレメトリー送信用の上げ下げするアンテナを付けたUAVを飛ばした時、メンバー全員で「着陸前にしまうの忘れないようにしなくちゃいけないな!」と話してたのに、見事にアンテナをへし折りながら着陸したことがあったので、脚を出さずに胴着したF15パイロットの気持ちが何となく分かる。link
ohnuki_tsuyoshiあれって忘れてたの? RT @aoa30: 胴体裏にテレメトリー送信用の上げ下げするアンテナを付けたUAVを飛ばした時、メンバー全員で「着陸前にしまうの忘れないようにしなくちゃいけないな!」と話してたのに、見事にアンテ...link
aoa30@ohnuki_tsuyoshi そんなニュースが着てるみたいですlink
ohnuki_tsuyoshi@aoa30 何も言えねえ…link
[小松基地のF15胴体着陸について]の続きを読む

2009/06/30 10:55

twitterの影響 

もともとアウトプットの少ない人間にtwitterを与えた結果がこれだよ!
今月の投稿数ががくっと減ってしまいました。
twitter投稿するようになると、どうもblogに1つまとめた記事を書くのが億劫になってしまっていけません。blog記事でしかまとめられないようなこともあるので面倒くさがらずに更新していきたいものです。

とりあえず、生存報告用にサイドバーにtwitterを追加しました。

出張で北海道に行ったときの写真とか。





Author

Categories

Twitter

Calender

08 | 2017-09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Tags at random

Archives

Admin

Opera

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。