迎え角30deg.跡地

もうここにはいない

「Arduino」タグを含む記事

  メイン 

2011/02/11 23:52

Arduinoでtwitterに反応するガジェット 

TwitterのReplyに反応してピカピカ光るガジェットをArduinoを使って作ってみました。

replynotifier.jpg
PCとUSB接続しTwitterでReplyや非公式RTなど@~~に反応して、以前作ったルッキーニの魔方陣がピカピカ光ります。横のLCDモジュールにReply元の方のIDが表示されます。

TwitterのUserStreamを読む部分をPC上で、光らせたりLCDに表示するのをArduinoでやってます。PCからはシンプルにreply元のtwitterIDをシリアル通信でArduinoに送りつけるだけです。Arduinoが通信を受け取るとLEDを光らせLCDに表示する、それだけです。

PCからシリアルを送りつけるのはVisual C#でもVisual Basicでも簡単にできたので、キモだったのはUserStreamを読む部分でした。定期的にTLを読みに行く今までの方法と違い、サーバーからプッシュされてくる?xAuthの認証を組み込んだりしなくちゃいけない?これしきのプログラムにそこまで作り込むのもめんどくさい…。いろんなモジュールとかドキュメントとかを読んでも良く分からないし。

というわけで愛用しているTwitterクライアント「Tween」に寄生する形で実現しました。オープンソースなのでVisual Basicのプロジェクトをローカルに落っことしてきていじってみることが出来ます。
Replyのポップアップバルーンが出る部分に数行シリアル出力コードを仕込ませてもらいました。

実際に反応してる様子はこちらです。

Ustreamで中継してフォロワーさんに@を飛ばしてもらい、反応する様子を楽しんでいただけました。

技術的には大したことはしていませんが、外の世界と電子工作が繋がるのは楽しいですね。
スポンサーサイト

2009/04/21 00:42

Arduino初弄りメモ 


前の更新でパッケージから出しただけで何も触っていなかったArduinoを弄り始めました。
ArduinoのIDEをダウンロードしてインストール、USBを接続してドライバをインストールをしてあっという間に準備完了。何をやろうか迷ったので、とにかくチュートリアルに沿ってサンプルプログラムを眺めたり実行したりしてましたが、とにかく扱い方がシンプルなのでコードも簡単。

ソフトインストールから2時間ぐらいで、以前作った「フランちゃんオーディオレベルメータ」と同等の機能を持つ物が出来てしまいました。ソフトウェアの概要が頭の中にあったとはいえ、“穴”にはまるようなことがないので、簡単に実体化することが出来ました。

「このマイコンの能力を限界まで引き出してやるぜ!」って人には向かないですが「このセンサ使ってこんなアウトプットが得られたら面白いな」と妄想を膨らませがちな人(つまり自分)にはぴったりかもしれません。


今後はTexas InstrumentsのLEDドライバICも使って、フランちゃんをパワーアップさせていきたいと思います。

2009/04/11 01:32

Arduino入手 


Arduino Duemilanove

オープンソースの組み込み開発ボードArduino。通販で注文してたのが届きました。
頭の中には作りたい物がたくさんリストアップされてて止まりません。Make:06を読んで夢が広がりんぐ。もう少し生活が落ち着いたら取りかかっていこうと思います。

ニコニコ技術部カテゴリを作って、一部のDIY記事を移動しまいした。→のメニューからどうぞ。

Author

Categories

Twitter

Calender

07 | 2019-08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

Recent Entries

Tags at random

Archives

Opera

Search