迎え角30deg.跡地

もうここにはいない

「ひだまりスケッチ」タグを含む記事

  メイン  古い記事> >

--/--/-- --:--

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/10/15 00:13

鉄道博物館 

鉄道博物館が今日オープンということで行ってきた・・・

間違えた。
鉄道博物館も行って見たいのですが、その規模と鉄道ブームの影響で土日はしばらく大混雑でしょう。大学生の役得で平日にでも乗り込みたいと考えています。ま、卒論とかが片付いたらですが。
それと、交通博物館に展示されていた鉄道以外の品々はどうなってしまったのでしょうか。日ペリのBell47とかアンリ・ファルマンとかDC-8の頭とかCV-880のエンジンとか・・・どこかしかるべきところに保管されて、再びどこかで展示される日が来るといいのですが。各務原航空宇宙博物館とか三沢航空科学館とか引き取ってくれないのかな。

アキバ物色の日。
千石で電子パーツをちまっと、秋月でUSB開発キットを睨むもののとりあえず延期、ジャンクのPCファンなど購入。昔に比べて日曜日の人出がすごくなりましたね。外人さんもホント多い。何語話してるのか分からないことが多いけど、今日はどこかでフランス語をチラッと聞きました。

千石電商で慣れない手つきでパーツを選んでいる人がいました。彼のパーツ皿を見たらOSコンとか金被抵抗ばかりだったので、「これははじめてヘッドフォンアンプを作るのかも」と思ったら、もう片手にはハンダのいらないヘッドフォンアンプの部品表が握られていました。なるほど。

[鉄道博物館]の続きを読む
スポンサーサイト

2007/07/02 20:31

へちょゆの 


練習で以前作って置きっぱなしになってたカッティングシートを、ヘッドフォンアンプ1号に貼ってみました。
へちょゆのは癒されますが、音質は変わりません。
2連ボリュームの連動誤差が気になるこのごろ。ゲイン下げようかな。

机上のエントロピーが現在極小状態です。いつまで持つでしょうか。

2007/06/13 23:59

航空機内の携帯で逮捕 

航空機内での携帯使用があった影響でblogのアクセスが増えています。
該当記事はこちら→2007/2/7
アクセス倍増も某力団員さんのおかげですね~(ここ笑うトコ)

ま、アクセス数が一時的に伸びてもどうでもいいんですが。
今日は一日ひきこもりでTeX打ち。萎えるわぁ。
あとは、先日BOOKOFFで買ってきた「ひぐらし」とか読んでた。

TVアニメ「ひだまりスケッチ」キャラクターソング
発売日 2007年9月5日
品番 LACA-5685
●待望のキャラクターソング集です!!
●ジャケットは原作者、蒼樹うめ入魂の描きおろし!
●ゆの(阿澄佳奈)、宮子(水橋かおり)、ヒロ(後藤邑子)、沙英(新谷良子)、吉野家先生(松来未祐)、うめ先生(蒼樹うめ)の各曲を収録!
●原作者の蒼樹うめ先生が、なんと「うめ先生」のキャラクターソングを、自ら歌唱!原作者「蒼樹うめ」が歌う!これは大事件。

>原作者「蒼樹うめ」が歌う!これは大事件。
なんだこりゃ(笑) 楽しみです。
とりあえずは、こっちが先ですが。

って、キャラソンの情報がオフィシャルサイトから消えてますよ!?

2007/05/20 20:58

ひだまり荘へ 


とても心地の良い風が吹き暖かな日差しがさんさんと降る日曜の午後、家でゴロゴロしてるのはもったいないような気がしてふらふらと散歩に出かけました。
実際のところ、暖かな日差しを浴びてふわふわになった布団で昼寝という線もなかなか惜しかったのですが。

今日は町田に行きました。乗り換え以外で行ったのは初めてです。結構いろんな店が集まってるんですねぇ。規模は小さいとは言え、渋谷や新宿にあるような店がぐちゃっと集結。高校生が好きな町って感じがしました。

上の写真は、駅から離れた公園でのんびり。噴水わきの木陰のベンチで読書。
公園では大学生のグループが缶蹴りしてましたが、大きな広場の真ん中で大学生が大声で「いーち、にー、さーん・・・」とカウント、周囲は家族連れが全くいない空白地帯。あれはどんな罰ゲームだったのでしょう(笑)

んで、この公園に来たのは、「ひだまりスケッチ」関係で。

[ひだまり荘へ]の続きを読む

2007/04/22 23:32

本のカテゴリ作ろうか 

最近読んだ本。前回に本の紹介書いてから読んだもの。

フェイク フェイク
楡 周平 (2006/08)
角川書店

この商品の詳細を見る

夜の銀座をめぐるマネーゲーム。さまざまな人間関係の間のその顔は果たして本当の顔?それともフェイク?
物語的にも面白く、また夜の銀座や競輪など知らなかった世界を垣間見ることもできました。


語り女たち 語り女たち
北村 薫 (2007/03)
新潮社

この商品の詳細を見る

海辺の町に部屋を借りて、訪れてきた女の不思議な体験談を聞く。さまざまな女の語る話はちょっと不思議な物語。17色の絵の具で色とりどりの異空間を描き出します。


ひだまりスケッチアンソロジーコミック 1 (1) ひだまりスケッチアンソロジーコミック 1 (1)
(2007/02/27)
芳文社

この商品の詳細を見る

「ひだまりスケッチ」を4コマ漫画家たちがカバー。さまざまな視点やネタや思い込みや偏見(笑)から「ひだまり」を描いています。どの作品もほんわかした空気があって好きです。「水族館」「フランス」「抱き枕」の話が特に好きです。
Vol.1ってことは続きが出るのかな。

あー、この場に及んでデジカメが壊れるなんて・・・。致命的に壊れているわけではないのが更にむかつく・・・。

2007/04/16 00:09

本 

最近は、いわゆる「普通の小説」とラノベかなんかを交互に読んでる感じです。
別にそういう線引きが必要とかではなくて、なんとなく本を選んでるとそんな感じになってるという状態です。

さよなら妖精 さよなら妖精
米澤 穂信 (2006/06/10)
東京創元社

この商品の詳細を見る

だーっと読んでしまって、イマイチ汲み取れないまま読みきってしまった。
再読決定。もっかい精読したら感じるところもあるだろう。


とらドラ 4 (4) とらドラ 4 (4)
竹宮 ゆゆこ (2007/01/06)
メディアワークス

この商品の詳細を見る

ラブコメ4巻目
3巻まででちょっとマンネリかなぁと思ってたのが、夏休みの別荘旅行で大転換。
1~3巻で大河と竜児の安穏とした(?)生活の描写がこたえる展開になってきました。うざかった亜美も哀れみを誘います。一歩進んだ竜児と、自分に気づいた大河と、若干沈んだ亜美と、能天気なみのりんと、わが道を行く北村と、また出てくるのか生徒会長と・・・この物語はどこへ向かっていくのでしょうか。続巻も楽しみ。


図書室の海 図書室の海
恩田 陸 (2005/06)
新潮社

この商品の詳細を見る

短編集。
ちょっと食傷気味か。恩田陸読みすぎたか。

http://www.enjoytokyo.jp/NT002Map.html?SPOT_ID=n_24007
ちょっwwwひだまり荘wwww 週末暇なら行ってくるwww

Author

Categories

Twitter

Calender

05 | 2018-06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Tags at random

Archives

Admin

Opera

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。